2007年11月横浜市青葉区もえぎの収穫祭

 先日、知人の畑で収穫祭があり、焼き芋を作って食べました。サツマイモを洗って濡らした新聞紙を巻き、アルミホイルでくるんだらたき火に放り込んで待ちます。スイートポテトとも言えるし、栗きんとんでもあり、芋きんつばのようでもあり…何よりのごちそう味でした。シンプルな調理法だからこそ、幸せな味ができあがるのかも知れません。そういえば最近、ミシュランガイドの話で盛り上がっていますが、やはり日本人は舌が繊細なのでしょうか、寿司、刺身、煮物といった日本食は、素材の持つうま味を生かすシンプルな味つけで成り立っているのを感じます。これからは、シンプル料理の代表選手 『鍋』 の季節、考えただけでもあったかく幸せな気持ちになりますね。

コメントを残す